セマダラコガネ 背斑黄金虫

2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ

背中のまだら模様が光の加減によっては銀色っぽく輝く。大きめの触覚と目のバランスもよい感じで、とてもかわいいコガネムシである。

基本データ&特徴

  • コガネムシ科 / 8~13.5mm / 時期5~9月 / 北海道~九州
  • 雑木林周辺の葉上で普通に見られる小型のコガネムシ。
  • 背面は薄茶色と黒色のまだら模様だが、体色には個体差がある。
  • 触覚はやや大きめで、アンテナのように広げていることが多い。
  • 昼行性で、広葉樹を中心に様々な植物の葉や花を食べる。
  • 夜間は灯火などの明かりに飛来する。
  • 幼虫で越冬する。
  • 農業害虫とされる。

名前の由来

  • 背中がまだら模様のコガネムシであることから。
  • 「コガネムシ (黄金虫)」は、背面の綺麗な金属光沢に由来する。

セマダラコガネの写真

2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ
2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ
2021年6月 埼玉県上尾市
2021年6月 埼玉県上尾市

2021年8月13日昆虫コガネムシ科

Posted by UBo-Do