カメノコハムシ 亀甲葉虫

2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ

基本データ&特徴

  • 別名 : ナミカメノコハムシ (並亀甲葉虫)
  • ハムシ科 / 6.2~7.3mm / 時期5~8月 / 北海道~九州
  • 銀灰色の身体に黒い斑紋が多数ある。
  • 幼虫・成虫ともに、シロザやアカザなどアカザ科の植物を食べる。
  • 幼虫は透きとおった緑色をしている。

名前の由来

  • 「カメノコ (亀甲)」は、危険を感じると脚と頭を体の中に隠し、それが亀のようであることから。
  • 「ハムシ (葉虫)」は、植物の葉を食べる虫であることから。

カメノコハムシの写真

2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ
2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ

昆虫ハムシ科

Posted by UBo-Do