マクガタテントウ 幕形天道

2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ

とても小さくて、自動フォーカスのデジカメではなかなかピントが合わなかった。小さい割に動くのが早く、指先から手首まで手袋の上をあっという間に移動したのが印象的だった。

基本データ&特徴

  • テントウムシ科 / 3~4mm / 時期5~10月 / 日本固有種 / 北海道、本州、四国
  • 平地や丘陵、河川敷や荒れ地のさまざまな葉の上で見られる。
  • 体は黒色で、上翅の前方と、お尻の方に一対ずつ橙色の斑紋がある。
  • 幼虫はアブラムシを食べる。成虫はキク科の植物の花粉を食べる。

名前の由来

  • 上翅の斑紋が、幕を引いたように見えるテントウムシであることから。
  • テントウ (天道) は太陽のことで、見た目が太陽みたい、または枝先まで登って太陽に向かって飛び立つからなど、諸説あり。

マクガタテントウの写真

2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ
2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ
2021年6月 埼玉県 三又沼ビオトープ

昆虫テントウムシ科

Posted by UBo-Do