カトウカミキリモドキ 加藤擬天牛

2021年6月 埼玉県 上尾丸山公園

基本データ&特徴

  • カミキリモドキ科 / 10~15mm / 6~8月 / 本州、四国、九州
  • 体は橙黄色で、上翅は鮮やかなメタリックグリーン。
  • 関節のあたりからカンタリジンという有毒物質を含んだ体液を出す。
  • 花に集まり花粉や花蜜を食べる。
  • 夜間、灯火に飛来する。
  • 近種のよく似たアオカミキリモドキは肢の脛節から先が黒っぽいが、本種は肢の先まで橙黄色。

名前の由来

  • 「カトウ」については不明。
  • 「カミキリモドキ」は、カミキリムシに似ているが、違う種類の虫であることから。
  • 「カミキリムシ (天牛)」は、髪をも切ってしまう顎を持つ虫であることから。
  • 漢名の「天牛」は中国名からで、長い触覚を牛の角に見立てたもの。

カトウカミキリモドキの写真

2021年6月 埼玉県 上尾丸山公園
2021年6月 埼玉県 上尾丸山公園
2021年6月 埼玉県 上尾丸山公園

2021年6月18日昆虫カミキリモドキ科

Posted by UBo-Do