2022/9/25 北海道旅行2日目 樽前山登山

登山口に着くまで

北海道旅行2日目。当初の計画では未明に出発して雌阿寒岳に登るはずだったが、前夜のBQが楽しすぎて未明の出発は早々にあきらめ、今朝もなんだかんだと友人夫婦と話している間に腰が上がらなくなり、結局10時過ぎに友人宅を出発することになった。

昼から登れる山ということで、札幌から1時間ほどで行ける樽前山へ向かったが、登山口となる七合目ヒュッテに向かう砂利道の手前に駐車場が空くのを待つ車の列ができており、整理員の指示で順次先へ進んでいた。

すでに10台以上の車が並んでいたが、山以外に行きたい場所はなかったので待つことにした。結局登山口の駐車場に入るまでに30分以上かかったが、1時間ほどで東山山頂には行けるので焦りはなかった。

樽前山について

樽前山は、北海道の道央地方南部にある支笏湖の南側、苫小牧市の北西部に位置する活火山。日本二百名山。標高は最高点の樽前ドームで1,041m、一等三角点の東山で1,022m、三等三角点の西山で994m。この樽前ドームは、立ち入り禁止となっている火口原にある溶岩ドームで、周辺との比高は約120m、最大径は約450m。支笏洞爺国立公園に属する。風不死岳、恵庭岳とともに支笏三山の一つに数えられる。
ウェブサイト『ウィキペディア』より

七合目ヒュッテから東山まで

満車状態の七合目ヒュッテ駐車場。避難小屋とトイレがある。
身支度を整えて、12:20 登山スタート。
森林限界を超えると素晴らしい景色が広がっていた。背後は支笏湖。
樽前山の東側斜面を巻くようにして高度を上げていく。道は広くて歩きやすかった。
13:00 東山と樽前神社奥宮・西山の分岐となる外輪山取付に出た。
分岐まで来ると、樽前山の溶岩ドームが見える。
東山へ向かった。
分岐から東山までは10分程度。背後は太平洋の海で、解放感抜群の道が続く。
13:10 樽前山山頂 (東山) に到着。
軽装の方がほとんどで、小さな子供連れも多かった。
北側の支笏湖。
支笏湖の隣、北西側には風不死岳 (ふっぷしだけ) がそびえる。
西側には荒々しい溶岩ドーム。左奥には西山も見える。

東山から西山まで

手元に地図はなかったが、携帯で外輪山を周回できることを確認して北外輪山方面へ進んだ。
あっという間に東山が遠ざかっていく。
周回コースを誰も歩いていなかったので、西山へ向かう分岐に出るまでは少々不安だった。
風不死岳との分岐を西山方面へ向かう。
歩くほどに形を変える樽前山の溶岩ドーム。
雄大な景観が広がる周回コース。登山者はほとんどおらず、気分よく歩けた。
鬼ヶ島といった感じの溶岩ドーム。ときおり硫黄の匂いが流れてくる。
西山が近づいてきた。
荒々しい樽前山の溶岩ドーム。これぞ溶岩ドームという感じで、惚れ惚れする。
14:20 西山と七合目ヒュッテの分岐まで来た。
分岐から西山はひと登り。
14:25 西山 (標高944m) に到着。
どの方角から見ても絵になる溶岩ドーム。右奥には東山が見える。
風不死岳と阿寒湖。風不死岳の左奥に見えるのは恵庭岳。
右奥に見える羊蹄山の頭には雲が少しかかっていた。
苫小牧の港と太平洋もよく見えた。
西山で見かけたツノアオカメムシ。

西山から下山

西山でしばし至福の時を過ごし、14:45 下山開始。
溶岩ドームは地球のエネルギーを感じさせる。
分岐から進む道が一望できた。周回コースはずっと眺めがよい。
ヤマハハコがまだ咲いていた。
少々疲れを感じ始めていたが、せっせと歩く。
15時近くになって、だいぶ日が落ちてきた。
緩やかなアップダウンを進む。
15:10 樽前山神社奥宮に到着。コンクリート製の堂宇に入って手を合わせてきた。
外輪山をどんどん進む。
振り向くと西山が遠くなっていた。
15時を回ると徐々に雲が出てきて、東山も霧で見えなくなった。
15:30 外輪山取付を通過。ゆるやかに下っていく。
下山する人が多く、最後は少し渋滞気味であった。16時近くになっても登っていく人もいた。
16:00 七合目ヒュッテ駐車場に到着。我が家としては珍しい午後からの登山だったが、大満足の山行となった。

登山の詳細はこちら ⇒ https://ubo-do.com/mt-report/tarumaesan.html

下山後、雌阿寒岳登山口へ

下山後、そのまま翌日に登る予定の雌阿寒岳へ向かった。途中のPAで何か食べようと思っていたが、PAには食べるものが何もなく、高速を降りてからコンビニで遅い夕食を調達した。

寝不足と登山の疲れで、最後はへろへろになって雌阿寒温泉登山口にたどり着き、やっとの思いで車中泊の準備をして眠りに就いた。

22:25 雌阿寒温泉登山口駐車場に到着。元気な若者の話し声が駐車場に響いていた。
セレナは広くて思いのほか快適に寝ることができた。

北海道旅行2日目は長い1日だった。まずはひとつ素晴らしい山に登れて、上々のスタートとなった。

翌日の雌阿寒岳登山に続く。

2023年10月16日北海道二百名山,北海道2022

Posted by UBo-Do