2023年11月 【DIY】マガジンラックを作る

月刊誌「岳人」や観葉植物などの本を入れる小さなマガジンラックを作ることにした。

現状では、コタツの上に岳人などの本や雑誌が数冊置きっぱなしになっていて、見たいときにパラパラめくることが多いのだが、きちんと「整える」ことにした。

新たな材は購入せずに、手元にある端材で間に合わせることにしたので、大きさ等は手元にある材に合わせて決めることにした。

マガジンラックの部材を用意する

事前に市販されているマガジンラックの写真をいくつか参照していたが、縛りは端材を使うことくらいなので、最終的な形や大きさは作業をしながら考えた。

側板になる2枚の集成材。幅は左の端材に、高さは右の端材に合わせることにした。

底板と支柱となる側板には、25mm厚のパイン集成材を使うことにした。もっと薄い材を探したかったが、幅が足りなかったり長さが足りなかったりで、適当な大きさの端材が残っていなかった。

横板などの残りの部分は、1×6材で間に合わせた。

ほとんどの部材は卓上丸ノコで切った。

支柱となる側板を用意する

久々に丸ノコの出番がきた。しっかり材を固定してカットした。
卓上丸ノコの角度を決めるメモリを、0から3へ変更。
側板をボーリングのピンのような形にしようと思い、両サイドの下部を斜めにカットした。
側板の上部は、曲面を出すためにジグソーでカットする。
ジグソーを途中でストップして、最後まで切れるようにクランプの位置をずらした。
ゆるい曲線なのでしっかり下書きをなぞることができた。刃の方角を意識して、ゆっくり切ることがコツ。
反対側も同じようにカット。
そもそも下書きがフリーハンドなので、形にわずかなバラつきはあるが、ほぼイメージ通りにカットできた。
側板の底も丸くカットして脚をつくる。
途中でジグソーを中断して、板の位置を切りやすい角度に変えた。
下書きよりも滑らかな曲線になった。

本を支える横板を用意する

横板は1×6材を半分の幅にすることで間に合わせることにしたが、真っ直ぐでは面白くないので、ジグソーを使用して波線にカットすることにした。

ジグソーでカットできるように、どうやって材を固定するかが問題だったが、真ん中が広く開けられるボッシュの作業台に1×6材を挟んで固定すればよいと思いついた。

作業台の支柱にジグソーの刃が当たらない位置までカット。
作業台の下枠が邪魔になるので、途中で端材の位置を動かしてカット作業を続けた。
下書きとは随分違う波になったが、問題なし。あまり使わないボッシュの作業台が役に立った。
端材にはビスを打ち込んだ跡があったので、穴を大きくしてごまかすことにした。
16mmのビットで穴をあけた。
ヤスリとサンドペーパーで研磨した。
完成した横板。ぴったり合うのが気持ちよい。

取っ手となる横棒とラックの底板などを用意する

側板を切り出したときの端材をさらにカットして、取っ手となる横棒を用意した。
マガジンラックの底をつくる。

底板となる25mm厚のパイン集成材の前後に、1×6材の幕板をつけて、マガジンラックの底を作ることにしたが、少し上が広がるようにしたかったので、接合面の角度を調整することにした。

底板の接合面に角度をつけるため、荒いサンドペーパーで地道に削った。角度は目分量。

作業に没頭していて昼食を取るのが遅くなった。食事を済ませて作業を再開したが、次に気付いたときは外が真っ暗になっていた。

マガジンラックを組み立てる

まずは底板と幕板をダボ継ぎして、マガジンラックの底を作る。
一度仮組みしてから、ボンドを付けて接合した。
マガジンラックの底ができた。前後の幕板の広がり方が微妙に違うが問題なし。
タボ継ぎだけでは心もとないので、外側からビスも打っておいた。
次に左右の側板をダボ継ぎする。これもダボマーカーで位置決めをした。
インパクトドライバーで穴開けする前に、位置がずれないようにキリを穴を深くしておいた。
側板と底板を仮組みして横板の高さを考えた。

実際に雑誌を置いて、横板を当てながら高さをどうするか、波線側を上下どちらにするか考えた。

試行錯誤の結果、前後の高さを変えて、手前の横板は少し低くして波線を上に、後ろは少し高くして波線を下に向けることにした。

持ち手となる横棒と書籍を支える横板をつける。これもダボ継ぎ。

横板をダボ継ぎする角度は、床から垂直ではなく、若干上に広がっている幕板の角度に合わせた。側板の曲線との兼ね合いもあるので、これも目分量で適当に決めた。

横に寝かせて仮組みする。
仮組みしてみて問題がないか確認。
とくにズレもなかったので、木工用ボンドをつけて本組みした。
本組み完了。外側からビス打ちするか、しばし考えた。
雑誌や本は重たいので、やはりビスも打っておくことにした。
ビスの頭はダボで埋め木をしてすべて隠した。
ボンドが乾くのを待って、埋め木したダボの頭をあさりなしのノコギリでカットした。
組立て完了。

マガジンラックを塗装する

オスモカラーのウォルナットで塗装した。
1度目の塗装を終了。

刷毛を使って塗装したが、むらが目立つのでしばらく待ってから、余分な塗料を布で拭き取った。すると今度は色付きが薄いような気がしたので、二度塗りしてから、またしばらく待って、余分な塗料を拭き取った。

二度塗りすると色の濃淡がより際立つようになって、深みが増したような気がした。
翌日、オスモカラーのノーマルクリアを重ね塗りをした。
塗った直後はニスを塗ったように艶々。
1日経過して塗料が乾くと、落ち着いた色合いになった。
脚底に傷防止のフェルトを貼って完成です。
完成したマガジンラックは、ダイニングテープルの横に置くことした。我ながら上出来。

2023年11月29日DIY家具

Posted by UBo-Do