2023年11月 【DIY】車中泊用の荷台をイレクターパイプで作った

以前イレクターパイプで作った車中泊用の荷台は、娘夫婦の愛犬・餅丸用の大型ケージを自作するために流用してしまったので、新たに車中泊用の荷台を作ることにした。

数カ月前にイレクターパイプをまとめ買いして材料は揃えたものの、夏場に車内作業は暑いので、涼しくなるまで待とうと先延ばしにしていたら、今度は製作熱がすっかり冷めてしまった。

今年のテーマは「整える」ということで、衣食住の生活環境から体調に至るまで、できる範囲で身の回りの事をしっかり整えようと努めてきたので、いつでも車中泊ができる準備も整えておきたい。

サンシェードもきっちりしたものを作り直す予定なので、年内にすべて整えようと思えば、もう先延ばしにはできない。そんなわけで、車中泊の予定はないけど作業を開始した。

寸法を測ってイレクターパイプをカットする

作業に移る前に、車内の寸法を細かく測って、荷台の大きさを決めた。荷台の高さは、2列目の座席を前に倒した時の高さに合わせることにした。

以前の荷台は、前に倒した2列目の座席の上にイレクターパイプを渡して、座席も荷台の支えに使っていたのだが、荷台の上に座ると天井に頭がつかえていた。頭がつかえると、着替えなどがしずらくなる。

そこで、荷台の高さを前に倒した座席の高さに合わせて、2列目の座席をそのまま寝台の一部として利用することにした。荷台がわずかでも低い方が、車内で楽に動ける。

寸法を決めたら、専用カッターを使用して、ひたすらイレクターパイプをカットしていく。
作業台にイレクターパイプを固定して切った。

以前は作業台も大きなクランプもなかったので、手と足でパイプを押さえながら、片手で専用カッターを回して切っていた。数本切っただけで、握力がもっていかれていたが、今回は作業台とクランプのおかげで、作業がとても楽だった。

仮組み、修正後にイレクターパイプを接合する

カットしたイレクターパイプを車内に持ち込んで仮組みすると…

スペースぴったりに荷台の寸法を決めたのだが、ぴったり過ぎて、荷台をセットした状態では倒した座席を元に戻せないことが判明した。座席を倒した状態でしか寸法を測っていなかったことが災いした。

接着する前に仮組みしてみてよかった。すぐに作業部屋にイレクターパイプを戻して、奥行が75mm短くなるようにイレクターパイプをカットした。

奥行の修正後、イレクターパイプとジョイントを接着剤で接合した。

イレクターパイプの接着には、専用接着剤であるサンアロー接着液を使わなくてはならない。

接着液の残りはわずかだったので、アクリル板用の接着剤を試してみたところ、表面が融けたので使えそうに思えたが、念のために調べてみると、イレクターパイプの仕様書には他の接着剤では強度が保証できないと書いてあった。とりあえず作業を進めて、足りなくなったら買い足すことにした。

パイプがきっちり同じ長さになるように、他のパイプをかませた状態で接着することにした。
付属のスポイトで接合部の隙間にサンアロー接着液を流し込んでいく。結局、接着液は全部使い切った。
接着から数時間後、車内で荷台を組み立ててみた。今度は問題なく収まった。

荷台に乗せる板を用意する

事前の測定では、これまで使用していた折り畳み板1枚と、長板2枚はわずかに合わない計算だったので、荷台に乗せる板は、新たに用意するつもりだった。

折り畳み板は、寝台としてではなく、キャンプや登山の道具を載せるために最初につくったもので、サイドに隙間ができるように作ってあるし、奥行も足りない。

車中泊用に追加で作った長板2枚は、倒した2列目の座席の上に渡していたもので、こちらは30mmほど奥行がオーバーしていて、入らない計算だった。

それでも何となく気になって、無理やりにでも入らないかと仕舞ってあった長板2枚をひっぱり出して試してみると、ピタリとはまったので驚いた。何で? と疑問に思って調べてみると、荷室のリア側隅の丸まった曲面と長板の角を落とした部分がぴたりと合って、ちょうど30mm分だけ奥行に余裕ができていた。

奇跡のように2枚の長板が収まった。奥行はぎっちぎちで、固定したみたいに長板は動かない。
イレクターパイプとのジョイントを長板に取り付け。

イレクターパイプで自作したパソコン台も、餅丸用のケージに流用して処分したが、そのとき外せるジョイントは外して取っておいた。それが今回役に立った。

座席側はスペースはないので、サイドのパイプに固定できるようにジョイントを付けた。
作業終了。新たに床板を買う必要がなくなった。何でも試してみるものだね。
板とイレクターパイプのジョイント部分。ちなみに床板とイレクターパイプの大部分は解体可能になっている。
2列目の座席を倒した状態。ほぼフラットな空間ができた。
後は1列目との隙間だが、2列目のヘッドレストを外してスペースに合う収納ボックスを置く予定だ。

サンシェードを作り直して、天井にちょっとした物を収納できるネットか何かを取り付けたいが、師走になると何かと忙しいので、今月中に作りたいと思う。

2023年11月24日DIY車中泊

Posted by UBo-Do