2023年5月 【DIY】端材用の棚を作る

作業部屋整備の一環として、端材を置いておく棚を作ることにした。

和室特有のスペース (仏間) に棚を設置して、何かを作るときに適当な端材を見つけやすいように、形や大きさが似たモノを並べて置いておこうと思う。

今回購入した材

KD赤松垂木 30×40×1820 
@385 6本束 2,310円

1×6材 19×140×1820 
@980 3個 2,940円

材はいつも利用するカインズではなく、スーパービバホームで購入したが、資材館が朝早くから開いているし、材木の品ぞろえもよいので、今後はよく行くことになりそうだ。

部材を用意する

卓上スライド丸ノコで、材木をカットしていく。垂木は4本で間に合った。
棚と棚受けとなる部材がそろった。
部材はカンナで面取りをして、サンドペーパーで研磨した。これが一番大変。

デッドスペース (仏間) に棚を作る

壁の下地を確かめてみると、厚めの板が入っているようだったので、棚受けは壁に固定することにした。直接柱に固定したほうが耐荷重は上がるが、この方が見た目がすっきりする。

水平を確認しながら棚受けを設置した。
棚板とそれを直接支える棚受け (横棒) は、固定せずに置いただけ。
さっそく端材を収納した。

変更したいところがあれば修正できるように、棚は固定せずに使うことにした。長い端材は出し入れが少々面倒なので、そのうち長い端材用の入れ物も欲しくなりそうだ。

2023年8月2日DIY設備

Posted by UBo-Do