2022年7月 【DIY】キッチンラックを自作する①

餅丸用のケージをどう自作するか、なかなか考えがまとまらないので、構想がほぼ固まっていたキッチンラックを先に作ることにした。

冷蔵庫の横のスペースに納めるため、幅600mm×奥行330mmはすぐに決まった。

下段にプラスチックとペットボトルのゴミ箱を収納し、中段には3段のプラボックス、上段は多目的な棚を設ける予定で、キャスターを除いた高さを1600mmとした。

サイズが決まった後は、簡単な図を基にしてどんどん作業を進めた。最後まで頭を悩ましたゴミ袋の固定の仕方は、作りながら考えた。

必要な材を切り出して、棚板を3枚作る

早速、カインズに買い出しに出かけて、下記のものを購入した。

タルキ 30×40×1820mm 
@378円 6本セット 2,268円

SPF1×4材 (ワンバイ材) 19×89×1820mm 
@378円 4本 1,512円

キャスター420G-UR32 
@148円 4個 592円
    
合計 4,372円

後は余り材をなるべく使うことにして、作業開始。

まずは材を丸ノコで切り出した。
ワンバイ材を3枚ダボ継ぎして、さらに支えとなる棚受けをコーススレッドを打って取り付けた。
同じようにして、棚板を3枚作った。
一番上の棚板には、余り材をつけて奥行を少し広げた。

柱に棚板を接続して骨組みをつくる

1600mmの柱に棚板を取り付ける。棚の角度が柱と直角になるように注意する。
棚受けと柱をダボ継ぎしてから、コーススレッドで打ち込んで、しっかり骨組みを作る。
垂直に立ち上がるか心配していたが、ほぼ垂直になった。

ゴミ箱の蓋をつくる

下段に収まるゴミ箱の蓋を作る。裏側に二方桟 (にほうさん) をボンド付けする。
食器棚を廃棄した時に残しておいた取っ手を再利用して、ゴミ箱の蓋に取り付けた。
二方桟には余り材を利用したので太さが違う。

ゴミ袋の押さえを骨組みに設置する

ゴミ箱の蓋の受けが、そのままゴミ袋の押さえとなるようにした。
受け材の角は、少し角度をつけてゴミ袋が外れづらいようにした。
3つの角にゴミ袋を引っ掛けて、1ヵ所だけダボでゴミ袋を固定するようにした。

上段にシナベニアで棚を追加した

上から2段目の棚は、間が狭いので4mm厚のシナベニアで作ることにした。
細めの棚受けを設置して、べニアをはめ込んだ。

1日で大体の骨組みが出来上がった。次回は塗装・完成編へ続く。

2023年8月2日DIY家具

Posted by UBo-Do