2022年6月 【DIY】キッチンカウンターを自作する①

ごみの分別はみなさん苦労していると思うが、我が家の場合、プラスティックと可燃ごみは大き目のゴミ箱を用意して、不燃ごみや缶・ビンなどはダンボールの中で袋分けしている。

あまり見栄えがよくないので、キッチンカウンター的なものを作ってゴミ箱類をまとめて隠すことにした。

手本となりえるネット画像を参考にして出来上がりをイメージしたが、サイズを決めるところから実際の組立てまで、試行錯誤しながらの作業となった。

材を切り出す

天板は幅800×奥行360mm、側板の幅は320mm。これはリビングラックを作るときに出た余り材を使いたかったので、すぐに決まった。

カウンターの高さをどうするかは最後まで悩んだが、(後付けするキャスターを除いて)1000mmとした。

決め手は感覚的なものだが、一応キッチンの水切りラックがほぼ隠れて、カウンターに飾った花などが、ダイニングテーブルに座った目線の高さになるようにと考えた。

リビングラックと同じく、パイン集成材をメインに使う。
丸ノコガイドがズレないようにして切る。
切り出した材。

キッチンカウンター本体を組み立てる

組立をすべてダボ接ぎでやることも考えたが、大型のクランプがそろっていないと大きなモノは圧着するのが難しいとリビングラックを作った時に痛感したので、ダボ接ぎとコーススレッドを併用することにした。

6×20mmのダボで仮組み。
ボンドをつけて本組みした後、直角クランプで固定する。
次に、スターエムの皿取錐と下穴錐で下穴を開けてからコーススレッドを打っていく。
スターエムの皿取錐は、切れ味がよいのでバリがあまり出ない。

本体と直角クランプの位置をずらしながら、順次コーススレッドを打って行った。

1つの接合面は、ダボ接ぎ2カ所、コーススレッド2本でつないだが、コーススレッドを打ちこむと接合面がピタッと合わさり、気持ちがよかった。

コーススレッドを打った後は、ダボ埋めする。
あさりのないノコで突き出たダボを切り落とす。驚くほど簡単かつ綺麗に切れる。
本体を組み上げてから、べニアの棚板をのせる横木をボンドとダボで付けた。
底面にゴミ箱がズレたり出たりしないように、抑えとなる木を追加でつけた。
下段に無印良品で買ってきたゴミ箱を並べてみる。

シナベニアで背板を作る

リビングラックの余り材(シナベニア4mm)から、上段の奥につける背板を切り出す。
余り材のべニアを合わせて、正面下段につける隠し板をつくる。
べニアの接合を分からなくするため、適当な幅で1mmほどの縦線を丸ノコで入れた。

今回は本体が組み上がったところまで。次回、研磨・塗装編に続く。

2022年11月11日DIY家具

Posted by UBo-Do