ニホンアカガエル 日本赤蛙

2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園

基本データ&特徴

  • アカガエル科 / 体長 34~75mm / 産卵期 1~3月 / 日本固有種 / 本州~九州
  • 平地や丘陵地の水田近くの草むらや、水辺の近い林に生息する。
  • 背面は褐色~赤褐色で、黒褐色の斑紋があり、背側線はまっすぐ。体色は個体差が大きい。
  • 産卵数は500~3,000個。卵は約2週間で孵化し、5~6月に変態して子カエルとなる。
  • 幼生 (オタマジャクシ) は、主に微小な植物を食べる。
  • カエルに成長すると、ハエや甲虫、クモなどの昆虫を食べる。
  • 冬眠するが、暖かい時は冬でも活動する。

名前の由来

  • 日本に生息する赤褐色のカエルであることから。

ニホンアカガエルの写真

2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園
2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園
2021年6月 埼玉県 北本自然観察公園

動物アカガエル科

Posted by UBo-Do