ニホンアマガエル 日本雨蛙

2021年8月 埼玉県上尾市

基本データ&特徴

  • アマガエル科 / 体長2~4.5cm / 国内外来種 / 日本各地に分布
  • 樹上での生活に適応していており、水辺の植物の上や森林などに生息。
  • 冬は温度差の少ない地中で冬眠する。
  • 体色は腹側が白色で、背中側は黄緑色。背中側は灰褐色などの保護色に変えることができる。
  • 皮膚の粘膜からは体を細菌などから守るための毒が分泌されている。
  • 近畿地方辺りを境として東西で遺伝的相違がある。

名前の由来

  • 雨が降ったり、雨が近づいたりすると、「クワッ、クワッ」と大きな声で鳴くことから。

ニホンアマガエルの写真

2021年8月 埼玉県上尾市
2020年9月 埼玉県行田市 さきたま古墳公園
2020年9月 埼玉県行田市 さきたま古墳公園
2021年4月 埼玉県さいたま市 秋ヶ瀬公園
2021年4月 埼玉県さいたま市 秋ヶ瀬公園
2021年4月 埼玉県さいたま市 秋ヶ瀬公園
2021年5月 埼玉県 三又沼ビオトープ

茶色のニホンアマガエル

2022年3月 埼玉県 秋ヶ瀬公園
2022年3月 埼玉県 秋ヶ瀬公園

2022年3月30日動物アマガエル科

Posted by UBo-Do