2023/6/17 編笠山・西岳周遊登山 八ヶ岳の大展望を満喫した

今回の登山について

梅雨の晴れ間に編笠山と西岳を周遊登山してきた。今年は八ヶ岳に登りたいと思っていたが、快晴に恵まれて久々に八ヶ岳の大展望を満喫できた。

思いのほか花をたくさん目にしたが、クロユリを見たときは嬉しかった。西岳山頂では忙しく飛び回るアゲハ蝶も見ることができたし、しっかり歩いて満足度の高い充実の山行となった。

体力面を考えて編笠山・西岳ルートにしたが、次に八ヶ岳にくるときは主峰の赤岳か、北八ヶ岳でテン泊登山をしたい。それには体力強化が欠かせないので、山行計画をきちんと立てて頑張ろうと思う。

帰りは事故渋滞に巻き込まれたものの、下山時間が早かったので、いつものような大渋滞にはまることはなかった。

富士見高原Pから編笠山まで

5時前に富士見高原の登山者用駐車場に到着。朝焼けの南アルプスがよく見えていた。
5:10 駐車場を出発。最初は標識に従って、林道と登山道を何度か行き来しながら樹林帯を進む。
コース上にこのような看板があるので、山頂までどれくらいか、定期的に把握できる。
8:40 森林限界を抜けて、一気に展望がひらけた。
南アルプスを背後に大岩のゴーロ帯を上る。
中央アルプスと御嶽山、北アルプスもずらりと見えていた。
9:00 編笠山に到着。すでに山頂は多くの登山者でにぎわっていた。
北東側に並ぶ八ヶ岳の山々。
北西側には次に向かう西岳。その向こうには北アルプスの峰々がずらりと並んでいた。
富士山もよく見えてきた。
奥穂高と槍ヶ岳。
編笠山山頂の様子。おにぎりを食べてひと休みした。

編笠山から西岳経由で下山まで

9:50 西岳へ向かうべく、青年小屋方面へ下る。
青年小屋の手前にも大岩のゴーロ帯がある。歩きやすそうなルートを見極めて下る。
イワヒバリが現れた。
青年小屋まで下りてきた。テント場の脇を通って西岳へ向かう。背後は編笠山。
コース脇に咲く花をめでながら樹林帯を進んだ。
11:30 西岳に到着。編笠山と富士山を眺めながらのんびりした。
ギボシの尖峰。右奥には権現岳の山頂部も見えた。
西岳の山頂はアゲハ蝶が飛び回っていた。
キアゲハ。
ヒオドシチョウもいた。
12:10 下山開始。
樹林帯をどんどん下る。下りになると、よくこんなに上ったなぁといつも思う。
13:35 不動清水を通過。
不動清水からは林道歩きが続く。14:05 駐車場に到着。

編笠山と西岳の花々

ノイバラ。
ベニバナツクバネウツギ。
ヤマボウシ。
これは、何の花かよくわからなかった。
サワギク。
アヤメ。
ジュウニヒトエ。
キバナノヤマオダマキ。
ササバギンランも咲いていた。
ジンヨウイチヤクソウ。
マイヅルソウ。
ギンリョウソウ。
スズランかな。
花期の終わりが近いサラサドウダン。コース上にたくさん花が落ちていた。
ツマトリソウ。
ウスバスミレかな。
あちこちで見かけたシロバナヘビイチゴ。
コイワカガミ。
クロユリ。
葉を確認していないが、ユリワサビだろうか。
ミツバオウレンもたくさん咲いていた。
キバナノコマノツメ。
コミヤマカタバミ。よく見かけたが、ひらいているものは少なかった。
アカモノ。
ボケの花かな。
レンゲツツジ。
ジシバリ。
イカリソウもまだ咲いていた。
ウマノアシガタ。

八ヶ岳周辺百名山,花の山

Posted by UBo-Do