2024/3/3 四阿屋山登山&堂上セツブンソウ園

目次

今回の登山について

2月も登山の機会を逃し続けて、やっと今年初の登山へ出かけることになったが、随分間が空いてしまって身体がなまっているので、比較的簡単な山から始めることにした。

道の駅 両神温泉薬師の湯から薬師堂コースで四阿屋山に登り、福寿草・ロウバイ園でひと休みしてから押留 (おとも) へ下って、そのまま堂上のセツブンソウ園へ歩いて移動した。

この日は団体ハイカーなどで四阿屋山は大賑わい。急坂の続く山頂直下のくさり場は、登山者で渋滞しており、山頂も人で一杯なので、写真だけ撮ってすぐに下山した。

フクジュソウとセツブンソウはまさに満開で、秩父紅やザゼンソウも見ることができた。

四阿屋山は驚くほどの人でのんびり登山とはいかなかったが、よいリハビリになった。

四阿屋山登山 薬師堂コース

8時45分、道の駅 両神温泉薬師の湯に到着。出発の準備をしている登山者がけっこういた。
両神神社付近のアセビが満開だった。
鳥居山コースは人が多そうだったので、今回は薬師堂コースへ進んだ。
10:45 両神神社奥社を通過。ここから先は登山者が一気に増えた。

両神神社奥社を過ぎるとくさり場の急坂となるが、下りてくる登山者と上っていく登山者がどちらも多くて、渋滞が発生していた。

山頂も人が多くて休憩どころではなかったので、写真だけ数枚撮って、すぐ下山を開始した。

山頂から両神山がよく見えていた。
山頂下の肩も人で一杯。上ってくる人が途切れるのを待ってから下りを再開。
積雪で滑りやすい場所もあるので、妻は途中で軽アイゼンを装着。

雪が残っている場所や泥濘になっている箇所があり、下りは軽アイゼンを付けている人が多かった。

私は軽アイゼンを持参していなかったのでそのまま下ったが、滑りそうに感じた所が数カ所あった。事前情報から必要ないと思っても、この時期は必ずアイゼンを装備すべきだと改めて認識した。

福寿草・ロウバイ園

11:30 福寿草・ロウバイ園に到着。
ロウバイはほぼ終わっていたが、綺麗に咲いているものも残っていた。
満開のフクジュソウ。
秩父紅も咲いていたが、柵の奥なので接写はできなかった。
団体客がいなくなったベンチで食事にした。

おにぎりとミニカップ麺を食べていると、再び団体客が訪れて一気に園内はにぎやかになった。

団体客に飲み込まれる感じになってしまい、おしゃべりが止まらない中高年のおばさま方に圧倒された。もう少しゆっくりしたかったが、いたたまれなくなって早めに移動を開始した。

セツブンソウ園から道の駅 両神温泉薬師の湯まで

福寿草・ロウバイ園から堂上のセツブンソウ園へ向かうために、つつじ新道コースで下る予定だったが、下り口が分からなかったので押留コースで下った。

始めて歩くコースだったが、踏み跡はきちんとあった。
福寿草・ロウバイ園から15分ほどで県道367号に出た。セツブンソウ園までは徒歩20分ほどだった。

堂上セツブンソウ園

セツブンソウはまさに満開だった。
清楚で可憐なセツブンソウ。
斜面にびっしり咲いた様子は壮観であった。
セツブンソウの接写。
輪になって咲くセツブンソウ。
ザゼンソウもたくさん咲いていた。
道の駅まで林道を歩いて帰る。
道路わきに咲いていたオウバイ。
菜の花。
県道37号に出て、14:20 道の駅 両神温泉薬師の湯に到着。

久々の山歩きは楽しかった。道の駅で蜂蜜などを買ってから帰路に就いた。

しばらく登山から遠ざかっていたが、晴れの週末はなるべく山に登って、5月の連休に向けて身体を仕上げて行きたいと思う。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次